アスベストに関するニュース


アスベスト運搬の麻袋 再利用で被害
NHK
大阪・堺市で、かつてアスベストの運搬に使われた麻袋を再利用する作業をしていた人や周辺の住民に健康被害が相次いでいることが、被害者の支援団体の調査で分かりました。 こうした作業は、全国各地で行われていたとみられ、支援団体は被害の実態を調査するよう、国に ...


相模原の中学校 アスベスト1年放置
東京新聞
昨年五月、大規模改築のための調査の際に「アスベストの疑いがある」としてサンプルを採取したが、担当者は分析するための予算を確保していないことに気付き、いったん放置。十月になって市長部局の予算十二万円で分析し、アスベストと確認したが、今度は別の担当者が「 ...
相模原の中学校でアスベスト 昨秋に把握も対応せず 飛散はなしMSN産経ニュース

all 3 news articles »

アスベスト1年放置 相模原の中学校 市教委は平謝り
東京新聞
神奈川県相模原市教育委員会は十六日、市立上鶴間中学校建物のアスベスト(白石綿)対策を、約一年間放置していたことを明らかにした。予算確保の手続きミスと、担当者の認識不足が理由。結果的に飛散は確認されなかったが、市教委幹部は「申し訳ない」と平謝りだ。


工場周辺で10人死亡、アスベストが飛散か
日テレNEWS24
大阪府堺市にあった、アスベスト運搬に使われていた麻袋のリサイクル工場の周辺で、労働者や近隣住民10人が中皮腫などで死亡していたことがわかった。 これは、被害者の支援団体・関西労働者安全センターの調査でわかったもの。堺市内には1970年代頃まで、麻袋を ...
堺市 麻袋再利用で石綿被害相次ぐNHK
工場周辺で10人死亡、アスベストが飛散か 4/15 14:12更新読売テレビ NEWS&WEATHER
石綿:麻袋再生で10人死亡 堺の5工場付近毎日新聞
しんぶん赤旗 -時事通信 -読売新聞
all 44 news articles »

アスベスト患者と家族の会 北陸支部を26日設立 福井
MSN産経ニュース
中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」(本部・東京)は16日、日本海側で初めてとなる北陸支部を設立すると発表した。全国では13番目で、設立の26日には相談会も開催する。電話相談窓口はすでに開設している。 アスベスト(石綿)は建材として多く使われ、体内に入ると ...
アスベスト:被害者ら支援 「患者と家族の会」北陸支部を発足 26日、金沢で集い /福井毎日新聞
アスベスト患者と家族の会 北陸支部26日発足へチューリップテレビ公式サイト
石綿被害者の会に北陸支部読売新聞

all 4 news articles »

理科実験でアスベスト被害――死亡の男性教諭に労災認定
週刊金曜日
大阪の府立高校に勤めていた男性の高校教諭が2007年に中皮腫により57歳で死亡した件に関し、地方公務員災害補償基金大阪府支部審査会が今年1月、死亡原因は理科の実験で使用していたアスベスト(石綿)だとし、労災を認定していたことがわかった。 学校現場での ...


JIS A1481-2でアスベスト含有=0.1%...
EICネット
新たに制定されたA1481-2の冒頭には、A1481-2で「アスベスト含有」と判定された場合は、そのまま「含有率が0.1%を超える」と判断できる旨の記載(フローチャート)があるのですが、その根拠を教えていただけないでしょうか。 常識的には、定性分析では濃度に関する情報は得 ...


アスベスト健康被害 麻袋のリサイクル業者周辺でも
テレビ朝日
アスベスト患者と家族の会」によりますと、1950年代以降、堺市では麻袋の再生業者が少なくとも11カ所ありました。業者はクボタなどでアスベストを運ぶのに使われた麻袋のリサイクルをしていて、家族を含む12人に中皮腫などの症状が出ているということです。また、業者の周辺 ...


アスベスト:石綿被害で堺市「リスク調査対象に」
毎日新聞
堺市にあったアスベスト(石綿)原料が付着した麻袋のリサイクル工場の労働者や近隣住民が健康被害を受けた問題で、堺市は近く、専門家による無料の健康診断を受けられる石綿健康リスク調査の対象に加えるよう環境省に要望する方針を固めた。今回の被害を調査する「中 ...


アスベスト:中皮腫など疾患、患者と遺族ら「集い」 さいたまで今月から月1回 /埼玉
毎日新聞
アスベスト(石綿)が原因で中皮腫などの疾患になった患者や遺族らでつくる「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」(本部・東京都)は4月から毎月1回、さいたま市内で「アスベスト患者と家族の会・さいたまの集い」を開く。同会はこれまで東京を中心に活動してきたが、県内に ...

アスベスト関連エントリー

アスベスト分析・測定ならこの会社!

アスベストの分析・測定を手掛ける北九州建設工業??(所在地:福岡県古賀市、代表:堤 健之輔)。同社の特色は他のアスベスト調査機関と異なり、一級建築士事務所としての長年の実績があるため、建築物や建材に非常に精通していることが挙げられる。 ...

アスベスト分析・測定ならこの会社!

大田区大森南のアスベスト工場跡地からアスベストのかたまり ...

大田区大森南4丁目9番。現在大田区が所有するアスベスト工場跡地の土中からアスベストのかたまりが見つかりました。 大田区は、第二回定例会において、アスベストの混入した土壌処理予算を計上しています。 大田区はどのように処理しようとし ...

大田区大森南のアスベスト工場跡地からアスベストのかたまり ...

東北大学など、アスベスト廃棄物の高効率・高信頼性溶融無害 ...

[06/08 17:36]東北大学など、アスベスト廃棄物の高効率・高信頼性溶融無害化処理技術を確立《NIKKEI NET(日本経済新聞社)》 LINK

東北大学など、アスベスト廃棄物の高効率・高信頼性溶融無害 ...

作業員が全員、確実にアスベストに被爆する

平成17年11月9日記者発表資料 「公共建築物のアスベスト含有吹付け材等の実態調査の報告」 これは、「横浜市アスベスト対策会議」から出たもの。 その中で、南高にある大量の「吹付けモルタル(色セメント吹付け ...

作業員が全員、確実にアスベストに被爆する

韓国製のベビーパウダーからアスベスト(石綿)を検出

韓国製ベビーパウダー30種類のうち、12種類からアスベスト(石綿)が検出された。アスベストは飛散した粉塵を吸引することで発症する悪性中皮腫の原因として知られている。 何故ベビーパウダーに混入したのだろうか。 詳細は以下から。 ...

韓国製のベビーパウダーからアスベスト(石綿)を検出

アスベストか!

日本中の建築物には、予想以上にアスベストが使われているものが多い……というのは、2~30年前の話で、今の建物は安心・安全です。 そして、古くなった建物を解体する時も、最先端の科学技術をもって、アスベストが飛散しないように解体する方法があり ...

アスベストか!

アスベスト被害

... ブラウン管を作っていて、その工程でかなりのアスベストを使っていた。 直接関連しているか分からないが、地域に住む、母親が数年前に肺繊維症で亡くなっている。この病気はアスベストが起因である可能性が高い。 工場の周辺でばく露して亡くなるという ...

アスベスト被害

日本通運 奈良王寺アスベスト裁判の報告です。

... 日通が所長など3人を明らかにしていますが、余り当時の状況を知らない1人を出そうとしています。原告は、故吉崎さんと一緒に働いたことがあり接触していた、石綿(アスベスト)を吸っている、その他の2人を敵性証人として呼ぶことにしています。 ...

日本通運 奈良王寺アスベスト裁判の報告です。

夫の作業服からのアスベスト吸引被害認める

... 夫の作業服に付着したアスベスト(石綿)の吸引が原因で肺がんで死亡した、と認められ、石綿健康被害救済法に基づく救済認定を受けた。支援団体「 中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会 」が2008年3月16日に発表した。 また同日 ...

夫の作業服からのアスベスト吸引被害認める

シンポジウム「建築物内のアスベスト汚染問題を考える」(5/ ...

... シンポジウム「建築物内のアスベスト汚染問題を考える」 近年、アスベスト取扱い事業所周辺の一般居住環境におけるアスベスト被害の顕在化を契機に、アスベスト問題への関心が著しく強まってきた。それを受け厚労省、環境省 ...

シンポジウム「建築物内のアスベスト汚染問題を考える」(5/ ...

アスベストとは?

『石綿』より : 石綿(いしわた、せきめん)は、蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱物のこと。蛇紋石系(クリソタイル)と角閃石系(クロシドライトなど)に大別される。石綿の繊維一本の細さは、だいたい髪の毛の5000分の1程度の細さである。別名をアスベスト(”asbest”)と言うが、元はオランダ語で、英語ではアスベストス(”asbestos”)と呼ばれる。ギリシア語の”ἄσβεστος”(”しない(ない)”という意味の「a」と、”消化できる”という意味の「sbestos」)から来ている。
また、ヨーロッパでも同様のアスベストによる被害が多く見られ、2020年までに肺ガンや中皮腫による死亡者は50万に上ると推計されている。

アスベストの詳細

アスベスト問題(アスベストもんだい)とは、石綿(アスベスト)による塵肺、肺線維症、肺がん、悪性中皮腫などによって起こる人体への健康被害問題のことをいう。
アスベストが人体に有害であることを指摘した論文はすでに1964年の時点で公開されている。アスベストの製造物責任法 製造物責任を世界で最初に追及されたのはアメリカ合衆国 アメリカのマンビル社だ。1973年に製造者責任が認定されると、類似の訴訟が多発し、1985年までに3万件に達した。マンビル社自体も1981年の段階で被害者への補償金額が3500万ドルを超えた。さらに同社だけで2万件近い訴訟の対象となり、最終的な賠償金の総額が20億ドルに達することが推定できた。このため、同社は1982年に連邦破産法第11章(日本の会社更生法または民事再生法に相当)を申請し、事実上倒産した。このような動きを受け、世界的にアスベストの使用が削減・禁止される方向にある。

アスベスト問題の詳細

アスベストの動画


Googleニュース | Yahooブログ検索 | WikiPedia | YouTube